ぐっすり眠る女性
ハイプナイト通販で睡眠障害を克服しました   >  睡眠障害の種類と薬の種類

睡眠障害の種類と薬の種類

睡眠障害に悩む女性

睡眠障害とひとことで言っても、大きくわけて4つの症状があることをご存知でしょうか。症状によって最適な睡眠薬があり、どれでも良いという訳ではないのです。

寝床について30分以上たっても眠れないことが続く場合、「入眠障害」である可能性があります。入眠障害はどの年齢層でも起こりやすい傾向にあり、若い人から60歳以上の方まで多く見られます。ストレスや悩みごとを抱えていることで、不安や心配などから引き起こされることが多いとされています。

夜中に何度も目が覚めてしまうことを『中途覚醒』と呼びます。中途覚醒は60歳以上の方に多く見られる症状で、レム睡眠時に起こりやすい人に良く起こります。睡眠時無呼吸症候群(SAS)など別の病気を発症していることで併発している可能性が高いと言われています。

朝起きる予定の時刻よりも2時間以上も早く目が覚めてしまう場合は、「早朝覚醒」の可能性が高いでしょう。早朝覚醒も60歳以上の方に起こりやすく加齢や薬の副作用から起こりやすい傾向にあります。

長時間の睡眠時間を確保しているにも関わらず、良く眠れたという満足感が得られない場合は「熟眠障害」の可能性があります。心理的ストレスが関わっていることが多く、加齢や無呼吸症群が引きがねになっている可能性もあるのです。

今回ご紹介しているハイプナイトは、超短時間型の睡眠薬で即効性が高く、効果の持続時間が短いことから、上記のうち、入眠障害と中途覚醒の治療に最適だとされています。早朝覚醒と熟眠障害の場合は、ハイプナイトを服用しても期待しているほど効果が発揮されないことがあるので、別のお薬を選んだ方が良いでしょう。

ハイプナイトは日本では許可されていないので、『お悩み宅急便』という通販サイトで購入することをお勧めします。